鍼灸学生日記

東洋医学の鍼灸情報を発信するブログ

鍼灸の勉強に利用するためSIMフリーのタブレットを購入

公開日:2015年4月30日
鍼灸の勉強に利用するためSIMフリーのタブレットを購入
この記事の所要時間: 244

鍼灸の勉強の際、あると便利かなと思いましてSIMフリーのタブレットを探していました。初めはWi-Fi + Cellularモデル(16GB)のiPad mini 3がいいかなと思っていたのですが、値段が56800円(税別)するので、もうちょっとお手頃なタブレットはないかなと……。

sponsored link

NEC製のタブレットを発見!

SIMフリーのタブレットだったら何でもいいわけではなく、LTE対応のSIMフリーのタブレット希望です。
※SIMフリーのタブレットによっては、LTEに対応していない3Gのみ対応のタブレットもあるみたいですね。

8型WUXGA液晶を搭載したAndroidタブレット LaVie Tab S TS708/T1W PC-TS708T1W SIMフリーがLTE対応SIMフリータブレットだと知り、購入することにしました。

sim-free-tablet1

機能はこんな感じになります。

Android™ 4.4
・インテル® Atom™ プロセッサー Z3745 1.33GHz (最大 1.86GHz、4コア)
・8型ワイドLED IPS液晶
タッチパネル
・2GBメモリ
・ストレージ 16GB
・Webカメラ
前面:約160万画素
背面:約800万画素
・ワイヤレスLAN
(IEEE802.11b/g/n準拠、Bluetooth ® 4.0)
・LTE対応SIMロックフリー(microSIM対応)

ヨドバシカメラで37580 円でしたが、3758ポイントもらえるので33822円で購入したようなものですね。このタブレットには、2160円分のeBook図書券もついてくるので読書するのが好きな私にはお得に感じました。

sim-free-tablet2

電子書籍リーダーのKindleと大きさを比べる

sim-free-tablet3

8型のタブレットなのでKindleより大きいのですね。タブレットにはKindle読書アプリも入れることができるので、漫画を読む時はタブレットの方が見やすかったです。文章は眼の負担を考えるとKindleですね。

※Kindleは目に優しい光の出し方をしているみたいです。

SIMフリーのタブレットに格安SIMカードを使えば通信費が削減できる!

私はiPhoneを利用しているのでパケット定額料が毎月5000円ぐらいかかるんですね。それがSIMフリーのタブレットに格安SIMカードを使えば、毎月1000円に抑えられます。

2015年5月、SIMロックの解除が義務化

2015年5月以降、ケータイやスマホのSIMロック解除が義務化されます。SIMロック解除して、格安SIMカードを使う人も増えそうですね。

さいごに

私の両親は折りたたみのケータイなのですが、スマホにする予定はありません。何故なら、SIMフリーのタブレットを持っていて、格安SIMカードを使って通信費を削減しているからです。SIMカードの取り付けや設定は、私が行いました。

sponsored link

コメント

down

コメントする




お灸

美容鍼

鍼灸団体・鍼灸学会

鍼灸学生向け

鍼灸治療院運営に役立つ

鍼灸漫画

鍼灸雑誌・新聞・サイト