鍼灸学生日記

東洋医学の鍼灸情報を発信するブログ

佐賀県の鍼灸学校選び

公開日:2015年5月16日
佐賀県の鍼灸学校選び
この記事の所要時間: 233

sponsored link

佐賀県の鍼灸学校は1校

水色に塗られている箇所が佐賀県です。
以下、佐賀県の鍼灸学校の紹介となります。
saga

九州医療専門学校

【取得資格】
はり師、きゅう師の国家試験受験資格
テーピング法修了証専門士
ケアマネージャーの受験資格(※5年以上の実務経験が必要)

【修業年数】
3年

【鍼灸師科】
授業時間:9:00~12:55
定員:30名

【所在地】
〒841-0038 佐賀県鳥栖市古野町176-8

九州医療専門学校

九州医療専門学校の声

佐賀のがばいばあちゃん

『佐賀のがばいばあちゃん』(さがのがばいばあちゃん)は、島田洋七の小説、およびそれを原作とした映画、漫画、テレビドラマ、舞台などの一連の作品の題名。
戦後の動乱期、広島に暮らす昭広(島田洋七の本名)少年は母親に女手ひとつで育てられている。働く母を恋しがって、まだ幼い昭広が物騒な夜の盛り場にやってくるため、懸念した母親がだますようにして、佐賀の昭広の祖母・おさのばあちゃん(本名は徳永サノ)の家へ送るところから物語が始まる。
おさのばあちゃんの家は超のつく貧乏であり、ばあちゃんは苦労人だった。だがそれ以上に、明るく逞しい「がばいばあちゃん」であった。奇想天外なアイデア、破天荒な発言で昭広をけむに巻く。最初は驚かされっぱなしだった昭広だが、佐賀にも、学校の友達にも、そしてばあちゃんとの「由緒正しい貧乏」暮らしにも馴染んでいった。 周囲の優しい人々に見守られ、すくすくと成長する昭広少年の、がばいばあちゃんと過ごした8年間を描く。
洋七自身は高校進学に際して広島へ戻っている。シリーズ「第1篇」である本作品では、中学卒業で昭広がおさのばあちゃんと別れるところで一区切りをつけている。
参照:佐賀のがばいばあちゃん – Wikipedia

佐賀県といえば、島田洋七さんの小説、佐賀のがばいばあちゃんが有名ですよね。

sponsored link

down

コメントする




関連記事

お灸

美容鍼

鍼灸団体・鍼灸学会

鍼灸学生向け

鍼灸治療院運営に役立つ

鍼灸漫画

鍼灸雑誌・新聞・サイト