鍼灸学生日記

東洋医学の鍼灸情報を発信するブログ

鍼灸学生生活とは?

公開日:2015年4月8日
鍼灸学生生活とは?
この記事の所要時間: 136

20150408a20150408b

鍼灸学校に入学してからの3年間(大学の場合は4年間)、何をするのでしょうか。もちろん、鍼灸の勉強をすることになるわけですが、具体的にどのような感じのことをやっていくのか知りたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

ということで、鍼灸の世界に興味を持った方たちが参考にできる鍼灸学生生活のコーナーを新たに作ることにしました。このコーナーは鍼灸学生となった私がタイムリーに鍼灸学生生活を記録していくだけのものとなります。

鍼灸学校によって教育内容は違うとは思いますが、だいたいこんなことをしていくんだなと参考になれば幸いです。

sponsored link

さいごに

はり師、きゅう師の国家試験は年々難しくなっています。問題の傾向も変わりつつあり、昔と比べると難易度も上がってきています。2015年の国家試験は解剖学が16から10ぐらいに減らされ、経絡経穴や応用の問題が増えたようです。

先生が言っていました。

「今の国家試験は、十年前の鍼灸学生が受験したら受かるのは厳しいだろうね」

今後、さらに難易度は上がっていくと予想されます。

上記を踏まえ、鍼灸学校に入学し鍼灸学生になりたいと考えている人は、事前に鍼灸学生がどのような勉強をしていくのか知っておくのもありだと思います。それによって、入学前から少しでも勉強を開始することができるのならば、いいに決まっていますからね。

私はあまり勉強ができるタイプではないので特にそう感じています。勉強の学力は個人差があり、入学してから勉強しても大丈夫だろうと言う人もいると思いますが、はり師、きゅう師の国家試験の合格率を見てもらえれば分かると思いますが、必ず誰かが不合格になる国家試験です。

もしも自分が勉強が苦手なタイプだと自覚しているのであれば、早めに勉強を開始することをお勧めします。これは自分にも言い聞かせています。

sponsored link

down

コメントする




お灸

美容鍼

鍼灸団体・鍼灸学会

鍼灸学生向け

鍼灸治療院運営に役立つ

鍼灸漫画

鍼灸雑誌・新聞・サイト